ワイヤレスヘッドホンアンプ CPI-WX101

ワイヤレスヘッドホンアンプ CPI-WX101

ワイヤレスヘッドホンアンプ
CPI-WX101


TEL:045-331-9201




概要

 ワイヤレスヘッドホンアンプ CPI-WX101は、無線により音声を離れたところに伝送する装置です。送信ユニットはPC上の音源データをUSB経由で送信し、アンプユニットはその信号を受信して、ヘッドホン端子へ出力します。音源データをデジタルデータのまま伝送するため、高音質な再生が可能です。製品はアンプユニット(子機)と送信ユニット(親機)から構成され、アンプユニットはCPI-WX001の親機、送信ユニットはCPI-WX001の子機と組み合わせて使用できます。また、電波が到達しにくい場所でCPI-WX201と組み合わせることも可能です。

ページのトップへ


特長

デジタル化された音声を伝送するため、高品質な再生が可能です
音源からデータ改変のない(ビットパーフェクト)な伝送が可能です
音声データは圧縮せずに伝送するため、遅延の少ない再生ができます
日本国内では無許可で使用できます(工事設計認証取得済み無線モジュール使用)

機能

PCのUSBポートに送信ユニット(親機)を接続して、音楽データなどを、無線で飛ばすことができます。Windows7の場合、本製品はUSBオーディオデバイスのスピーカに見えます。PCとUSBケーブル1本のみの接続なので、お手軽です。
アンプユニット(子機)は、ヘッドホン(イヤホンを含みます。以降同じ)などを接続できます。音源との間の配線は不要なので、音楽を聴きながら移動することも可能です。単4タイプの乾電池またはニッケル水素充電池を2本使用して、6時間以上の動作が可能です。
親子間の無線リンクは、双方を電波的に見える状態に置いて、子機の電源スイッチを押すことで行います(ペアリング)。また、一度でもリンクが正常に成立すると、親機に子機の情報が記憶され、以降の電源投入ごとに、相手が見える状態にあれば、自動的にリンクが成立します。
無線リンクの状態を示すLED表示があります。

ページのトップへ


仕様

送信
ユニット
インターフェイスUSBシリーズBマイクロコネクタ レセプタクル
USB2.0 Full Speed オーディオデバイスクラス
対応フォーマットPCM ステレオ 16bit 32/44.1/48kHz*1
本体電源USBより供給 バスパワード(ハブ対応) 4.4~5.25V 100mA以下
寸法38.6mm×78.6mm×15.5mm
重量約32g
動作確認済OSWindows7, 8.1, 10, IOS 9.2.1
備考

*1:OSや音声再生ソフトは、デバイス側の能力値に合わせてデータを変換することができるため、
これ以外のデータでも再生すること自体は可能です。

アンプ
ユニット
インターフェイスヘッドホン出力φ3.5mmステレオミニジャック
適合負荷インピーダンス 16Ω以上
本体電源単4電池2本 (1.5Vアルカリ乾電池または1.2Vニッケル水素充電池)
電池動作時間
(参考)
アルカリ乾電池 7時間30分以上
ニッケル水素充電池(エネループ) 6時間30分以上
寸法74mm×120mm×32.5mm
重量約140g
共通無線周波数2.4GHz帯
アンテナ内蔵
音声データ圧縮なし
到達距離見通しで10m程度
認証工事設計認証取得済みモジュール
弊社CPI-WAM001シリーズ搭載
日本国内において無許可で使用可能
音声データ遅延1024サンプル (23.22ms @ 44.1kHz)
本体動作温度範囲5~50℃
保存温度範囲-5~70℃

ページのトップへ


ダウンロード

項目 サイズ ダウンロード
1. カタログ 703kb PDFファイル
2. ユーザーズマニュアル 966kB PDFファイル

ページのトップへ




Copyright(C)2016 CPI Tecnologies,Inc. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】